スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

"karera ha yatte kita"


raven1
The

raven2
RAVEN

raven3
S
スポンサーサイト

TheRAVENS

ash
ash

shimada
shimada

ashitee
"TheRAVENS"L/S Tee
Coming soon

ΩTSUKKI-T

omega1
カトーT、島Tに続きつるT第三弾は、ΩTSUKKI-Tです。

tsukki1.jpg

tsukki2.jpg

素晴らしいものができあがりました。
島Tともども活躍してくれることでしょう。

Poljot.3133

ウクライナはハルキウからやってきました。

polpol

polpol2

Poljot 3133 Chronograph "Shturmanskie"
Age:mid 1980s

ボストークに続きソビエト製の時計です。
ガガーリンがつけていた時計もモスクワ第一時計工場(Poljot)製シュトゥルマンスキーで、
その後継と言えそうな航空時計です。
このシュトゥルマンスキーは民生品とソ連軍パイロットへの支給品があり、後者の品になります。
文字盤にはメーカー名もなく、ただ空軍マークがあるのみでぱっと見得体が知れません。
メーカー名の入ってる民生品も、特にキリル文字verなんかはかなり得体が知れない感じはしますが……。
文字盤がグレーになっている後期モデルは、日本人初の宇宙飛行士がつけたりなど知名度があり
レプリカの文字盤や復刻品も作られ、日本でも購入可能だったりと民間にも流通していました。
このモデルはちょっとマイナーでそういったものも存在せず、ウクライナからebayにて入手しました。

russian watch forum
わかり易くまとめてくれている偉大な方々。


ムーブメントの動作。
他にも分解方法とか上げている人も……。

shima.jpg
島Tが仕上がってきました。

shima2
このように細かい線もきちんとプリントされています。

shimat
島T、自分用に試しに1枚発注しました。
結構線が細かいので、印刷の出来次第では改良を加えようと思います。

コートのボタンを付け替えました。
元々のアンカーボタンから1910~1930sまで使われていた13スターボタンへ。
ただしボタン自体は本物ではなくレプリカになります。
これによってぱっと見の見かけ上は1930sモデルになりました。
pこ
ボタン直径が30㎜→35㎜へ変わったのと
アンカー周りの星のお陰でボタンの存在感が増しました。

1930sの実物はこの13スターボタンに加えて、ボディの生地がさらに重く(これで約1.6~1.7㎏)
ライナーの生地がコットンサテンとなり、内側のネームタグが刺繍になっているらしいです。
1930s~1940sの移行期だとディティールが色々混じっていることもあるそうです。

前置き。

自分には兄がいるのですが、微妙に趣味が被りそうで被らないんですね。
お互いゲームが好きですが、据え置きだと自分はアーマードコアしかせず、兄はFPS。
自分は漫画をたくさん読むしラノベも多少は読みますが、兄はソレに加えてアニメも大量に見ます。
自分は年間で2,3作見るくらいです。
服など身に着けるものも好きですが、兄は時計、自分は帽子と靴。服は方向性が異なります。
そんな兄ですがことあるごとに自分の趣味に引きずり込もうとしてくるわけです。
テーブルにさりげなく時計雑誌を置いたり、色々時計を見せてきたりと。
で、見事に洗脳工作の努力が実ってしまったのか、自分が買ってしまったモノがこちら。

hmt
hmt
インド製
機械式手巻き

皆さん大好きナンが美味しいインド製です。
文字盤はリダンされています。
ベルトは自分で付け替えました。
計ってはいないのですが、6時間で2分程度の遅れです。
なので恐らく日差は-8~10分くらい?だと思います。
出かける前ゼンマイ巻くついでに2分ほど進めておけば実用でき……ます。

昔に日本のシチズンからhmtに技術供与があったらしく
ムーブメントはシチズンホーマーというモデルと同型なので
修理やOHをする場合比較的安価に済みそうです。
が、いかんせん元の値段が漫画3冊分程度なので……。

vostok
vostok アンフィビア
ソビエト製
機械式自動巻き

皆さん大好きウォッカボルシチピロシキのソビエト製です。
ボストークはコマンダスキーというモデルが有名らしいのですが
こちらはアンフィビアという200m防水のダイバーズモデル。
20数年前のもので、OH歴はなし、ベルトは恐らく新品に交換済みです。
ただベルト幅があっていないのか1㎜程度の隙間があります。
日差は平置きで1分前後、とのことで購入しましたが
使った感じ分でズレてるってことはなさそうな……
思った以上に精度良く感じています。
ねじ込み式竜頭は最初思いっきり締めてあってピクリとも動かず焦りましたが
どうにか使い方を覚えることができました。
文字盤、というか全体からなんともいえない謎な空気を放っています。
精度、雰囲気含めて思った以上に満足している時計です。
エビチリ3皿分と比較的安価なのも嬉しいところ。

WHITE'S BOOTS Semi-Dress

whitessemi
WATER BUFFALO/Black Cherry
C461-ClassicLast

無事届きました。
一度の作り直しを経て4ヶ月と3週間待ちました。

ブラックチェリーの文字通り、アメリカのあのサクランボそのままの色です。
やわらかくて艶があります。
履きおろしたとき足が痛くなる、なんてこともありませんでした。

片足約900gありますが、履くと気にならない重さです。
靴紐を黒の革紐、もしくは蜜蝋引きの平紐にしようか考えています。
このセミドレスは写真が汚いのであれですが
ぐぐればカッコイイ写真がたくさん見つかります。

usnp
WWII era US Navy 10 button peacoat

usnpp
naval clothing factory
name:???
rate:seaman first

usnppp
anchor button

usnpppp
collar stitch

1940'sのusn10ボタンpeacoatです。
チンストラップの欠損、一箇所だけの虫食いがありますが、それ以外は中々の状態でした。
写真には収めていませんが、ライナーも殆ど破れはありませんでした。

プロフィール

Author:つる
Link:フリー

リンク

月別アーカイブ

ブログ内検索

Flag Counter

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。